集合日

2011年2月13日 (日)

モグラ穴?

13日は2月の集合日でした。3連休の最終日ですが、前の二日間は雪が(関東にしては)結構降ったので、果たして野外での学びができるか心配でしたが、幸い雪も残っておらず、助かりました。

0213_a田んぼ一面にモグラ穴?

いえ、田んぼの高さにバラツキがあって水管理がしにくいので、地面が高い所を低くするための作業途中の様子です。

0213_e
作業手順としてはこんな感じ。(あ、掘り上げた土は傍らにある掘を埋めるのに使います。)

自然農は不耕起を前提とするので、田の表面の位置を調整するのにも、土の層をなるべく壊さない様な手順を考えてみました。

普通ならユンボで土をある程度掻い出した後、耕して平に均すところでしょうが、表面の土をなるべく残し、かつそれが上層に来る様にしたつもりです。

やり方を説明したところ、皆さんからは、え〜?大変そう!(聞いてねえ〜)、みたいな反応(笑)
そりゃそうだ。

ただ、ここまでして土の重なりを大切にしたい、という気持ちが伝わっていただけたらなあ、と思います。
これでも、表土を全面的に(壊さずに!)剥ぎ取って、下の層だけ持ち出して、剥ぎ取った層を再び戻すというやりかたよりは楽ではないかと。

0213_bそうそう、敷き藁があるのでこれを除かないと。もう一工程あったか。

0213_cスコップで一定間隔で掘り上げ、掘った土は田んぼ脇の掘りに移動します。
田んぼの傍らに掘があったのですが、あまり意味をなしていないのでこの土で埋めてしまいます。こんなふうに土の行く先があるときはいいんですが、無い時は大変ですよね。処分に困ってしまいます。田面の低い所に運ぶことになるのかな。

0213_d穴の周囲の土を崩して穴を埋めます。
これで、田面はちょっとは下がった筈です。

0213_h最初に作業の説明をしながら、結構、作業がきついので今日は半畝位が出来ればいいかな、と思ってたのですが、予定の3倍以上が出来ました。

やっぱり、大勢でやる仕事って、はかどるんですね。おしゃべりしながら手を動かすと疲れも半減。一人でこの重労働は気が滅入りますが、大勢だとむしろ楽しい…ですよね?

0213_f
カリフラワーが花芽を葉っぱでくるんでました。

マフラーをぐるぐる巻いて寒さをしのいでいる様な雰囲気です。

0213_g
ソラマメも葉っぱの先が黒ずんでました。やはり相当、寒かったのか。

でも、足元をよくみるとオオイヌフグリの小さな花がポツポツを咲き始めています。
春、近し!

2010年11月14日 (日)

しみじみ

20101114_01_2
今日は11月の集合日。
秋も深まって、だんだんと朝早くに布団から出るのが億劫になってきました。
畑のほうは、寒さで引き締まった感じになってきたかな。

20101114_02
夏野菜が早く終わってから、そのまま放置しておいて草が茫々となった畑の畝への作付けや、畑にまだ残っている夏野菜の幕引き、冬の補いの際の注意点などについて、皆さんと考えながら学びました。

収穫時期を終えた野菜にどう接するかなんて、単に収穫を目的とする場では無い視点なので、深めてみたいですね。


20101114_03
小屋のあずまや部分で脱穀作業が出来るよう、小屋の片付けを行いました。去年の暮れに大掃除したはずなのに、もう、グチャグチャの状態で、結構、片付けるのに時間がかかってしまいました。

屋根の下で脱穀が出来るということで不意の雨にも安心です。


20101114_04_2
今年は田んぼの脇のフェンスを稲架かわりに使っている人が多かったのですが、よそ様のフェンスということもあってまずいということになり、田んぼに共同の稲架を立ててそちらに移動しました。

大勢で運べば早いので集合日の共同作業にしました。皆でやると、なんでも楽しくなりますよ!


20101114_06
おお、バランスいい(笑)

それはそうと、来年からは全員が稲架を立てられるよう稲木を用意しなくちゃ。お米作りの学びの場で学んでいるのに、稲架を立てたことがありません、では申し訳ない。


20101114_08
今年は共同作業をしながら、今年はじめての人には脱穀の説明をする、という形をとったので、説明に充分時間をとれなかったかなあ、と反省。

一年ぶりの作業なので、説明しているほうもちょっと危なげ?


20101114_09
一年ぶりの脱穀機の音‥。

ガッコン、ガッコン、というノンビリしたリズムを聞いていると、ああ、今年もお米がとれたんだなあと、しみじみしてきます。

2010年8月 3日 (火)

8月集合日

8月の集合日は毎年屋内でやることにしています。
だって、暑いですから(笑)

まあ、田んぼに関して言えば8月に入ると出穂が始まったりして田の草とりも一段落、集合日に集まって実習というより、今までの田の様子を振り返って反省、という方が来年につながるかな、ということで。

しかし、今年は個人的には田畑に割ける時間が激減してしまって、田の草取りも追いついてません。いま、こんな感じです。

Img_8958

ははは、一面緑色。稲がいない?
畦から脇を覗いてみると、

Img_8959

おお、稲、いるじゃん。

そりゃそうです。これでも田植え後1回は草取りに入ってますから。雑草で混み合っている様に見えますが、稲の足元は、ほら。

Img_8960

こんな感じで、意外と大丈夫。
とはいうものの、このままというわけにも行かないので除草に入ります。

無料ブログはココログ