« 講義始の儀 | トップページ | モグラ穴? »

2011年2月 6日 (日)

竹取り翁&媼 ’11

稲架に使う竹がだいぶ劣化してきたので、新しい竹を補充すべく「竹取り」の共同作業を行いました。

0206_o丸ヶ崎の近く、車で5分位の場所の竹林です。ここは私が勝手にさいたま市のダンジョンと呼んでいるくらい、細い路地、というか畑の畦がそのまんま道になった様なところなので、アプローチが結構大変です。

0206_r太すぎず、真っ直ぐな竹を選んで切り倒します。手分けして切り倒します。初めて竹取りに参加された方からは思ったより簡単に切れた!との感想がありました。そうですね、竹は中空な分、伐り易いかもしれませんね。

0206_sとはいえ、密度の濃い竹薮なので上の方で枝が絡まってすんなりとは倒れず、大勢で引っ張らないといけません。無理矢理引っ張ると、絡まった枝がはずれたときかなり勢いをつけて地面に倒れるので下に人がいると危ない!

0206_t倒してお終い、ではなく枝を払わなくてはなりません。これが結構、面倒です。伐り倒すよりも時間がかかったと思います。ナタ持参の方は手際よく枝を払ってました。ただ、大勢で作業する場合、うっかり刃物をふるっている最中に別の人が通りかかって怪我をする危険があるので、ナタ作業担当の人は他の人と隔離して作業です(笑)

0206_u払った枝葉は、地主さんの依頼で我々が持ち帰ります。かなり大量の枝葉を獲得しましたが、さて、使い道は?
堆肥にするか、燃やして灰にするか、枝だけならエンドウの支柱にもなるか。

0206_v刈った竹を竹薮から運び出すのですが、これがつっかえて中々出ない!下手な車庫入れの様に(?)何度も切り返さなければなりませんでした。うまい方法があるのかなあ?

0206_q竹薮の傍らには地主さんの飼い犬の犬小屋が。フレンドリーなワンちゃんでしたが、彼にしてみれば、突如、大勢の見知らぬ人間が手に手に刃物を持ってゾロゾロと現れ、大騒ぎしながら自分のテリトリーの竹を切り倒して行く…というわけですから、そりゃ、驚くわ。最後は犬小屋の中で怯えてました。

0206_w刈り終わったので、とりあえず集合写真。

0206_x刈った竹をトラックに積みます。荷台に固定するには「南京結び」という結び方で。というか、私、そんな手品のような結び方できません(苦笑)。メンバーの中には魔法のように結べる人がおられて、早速、ミニ講習会(笑)。うーん、私には覚えられない…。下手をするとゴルディアス結びになっちゃうよ(笑)。

0206_y一回の搬送では運びきれず、竹林と田畑の間を二回往復することになりました。二回目の搬出の時点であたりはかなり暗くなってきました。

0206_z作業終了時は真っ暗に。皆さん、お疲れ様でした!

…皆さんが手にしてるのはバズーカ?

« 講義始の儀 | トップページ | モグラ穴? »

共同作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563274/50816808

この記事へのトラックバック一覧です: 竹取り翁&媼 ’11:

« 講義始の儀 | トップページ | モグラ穴? »

無料ブログはココログ