« 野良仕事はじめ | トップページ | 講義始の儀 »

2011年1月10日 (月)

撰米の儀

毎年恒例のお米の選り分け作業の日が来ました。

0110_a_2
皆が去年の収穫の一部を持ち寄って、地主さんやお世話になった方、あるいは皆でわけあい(税金の還付みたいな?)ます。でも、ゴミ、とくに小さな石や不純物、モミがとれていないお米が混ざったままだと、とてもお礼の品とは言えません。
そこで、大勢で集まって目で確認し手で取り除くわけです。

やはり、一番多いのが籾殻のとれていないお米。そして、ごくたまーに、米粒大の小さな砂粒の様な石。こんなのがご飯の中に混ざったら大変です。そして、透明なプラ製のやはり小さな粒。毎年、一粒は発見されるのですが、これを見つけた人の今年の運勢、大吉!

で、私が見つけちゃいましたよ。

« 野良仕事はじめ | トップページ | 講義始の儀 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563274/50734179

この記事へのトラックバック一覧です: 撰米の儀:

« 野良仕事はじめ | トップページ | 講義始の儀 »

無料ブログはココログ